*

火の用心

ようやく売買する時という場合には一番に事前対策をおろそかにしてはいけません。

取引を行う前であれば出来事を客観的に見ることができる余地があります。

 

だが、いったん売買の内部へ足を踏み入れると、どう試みても物の見方が自己中心的になる場合があり、しっかりとした見方ができなくなる可能性があります。

 

それだけに自分自身の精神が客観的な間に、準備する事が不可欠です。

 

"事前準備"とは、とにかく自分なりの台本を描くことから行います。

 

この先のあの通貨はこうだから円を買う(あるいは売る)というような、自分だけの物語を描いていきます。

 

その次は時間足チャートをチェックしましょう。

 

過去の相場の上がり下がり見て、今の相場を確認する。

 

そうしたら、「今のところひどく偏ったレベルにあるな」とか、または「すでに大多数の方々が買い(あるいは売り)に動いているから今から急にしかけても今はもうやりようがない」ということが分かってきます。

 

もちろんもはや買い(または売り)するのが遅すぎるなと思ったら、何もせず、あきらめることか大事です。

 

どうしても自分自身のストーリー展開を押し通して、新規エントリーすると外国為替相場に跳ね返されて、それどころか為替差損を受けることになります。

 

そうは言ってもたいがいの場面で準備が出来ているあなたなりの脚本を書いているとすれば仕かけるのが間に合わないなという場面にはなりません。

 

実際に外国為替市場が上下動する前の状態のはずだからです。

 

続いては、とりあえずはあなたが注文しようと検討しているポジションの推移を注意深く見る事が肝心。

 

例として円安に向うはずだというシナリオを書いたのであればその通貨の動きに注目する事が大切です。

 

外国為替市場の上下動を注視し始めたばかりでは、該当の通貨は明確に上下動する様子を見せず、上下に多少の上げ下げをしているだけでしょう。

 

しかしながら、その推移をじっと見ていると、ある地点でじわじわと、円安へとマーケットが向い始めます。

 

この場面でドル買いの新規注文を出すのだ。

 

一般的に、慎重に計画さえしておけばその取引で利益を上げる割合は高くなります。

 

次の記事も読んでね!!

  1. 火の用心
  2. テスト


コメントする